導入を検討している人必見!導入前に知りたいひかり電話の基礎知識

ロゴ
>コラム>ひかり電話を導入するなら下準備【費用と申込み方法をチェック】

ひかり電話を導入するなら下準備【費用と申込み方法をチェック】

固定電話

ひかり電話の導入にかかる費用

ひかり電話は、基本料金や通話料が安いという魅力がありますが、導入にあたって一番気になるのは初期費用がどれぐらいかかるのかということでしょう。しかし、まずひかり電話の契約を行うためには、インターネットの光回線の導入が前提条件となるため、そのための契約料や工事費が別に必要になるということを知っておく必要があります。では、光回線を新規に申し込むと同時にひかり電話の導入をする場合については、契約料は必要ありませんが、1000円~3000円程度の工事費が必要になります。そして既に光回線の契約が終わっている場合については、こちらも契約料は必要ありませんが3000円~11000円程度の工事費がかかることになるでしょう。また電話機に関しては、今まで使っていたものをそのまま使うことが出来ますが、ひかり電話のプランによっては専用の電話機を用意する必要があります。

男性

ひかり電話への申込方法

ひかり電話への申し込みに関しては、新規の光回線と同時に申し込む場合は、まず自分の住んでいるエリアが提供可能エリアかどうかをNTTのホームページで調べる必要があります。そして提供エリアであることが分かれば光回線への申し込みが出来るため、同時にひかり電話への申し込みを行うとよいでしょう。次に、既に光回線を利用している場合は、NTTへ電話で問い合わせるか、またはNTTのホームページ上の申し込みフォームで必要な情報を入力すると申し込みを行うことができます。また工事に際しては、既に光回線を利用している場合は、ひかり電話対応機器と呼ばれるものが事前に送られてきて、それを自分で設置しなければならない場合があります。