通信料を少しでも抑えたい人にオススメ!ひかり電話の魅力をチェック

ロゴ

ひかり電話が選ばれる理由

IP電話サービスであるひかり電話は、利用料金の安さにより人気があります。安さの理由は、ひかり電話がフレッツ光との連携サービスであることです。フレッツ光とひかり電話をどちらも契約することで、利用料をサービスしてもらえる、ということです。

ひかり電話に申し込む時の流れ

男性

フレッツ光に申し込む

ひかり電話を利用するためには、フレッツ光を契約していることが必須です。なので、ひかり電話の契約の際には、自分がフレッツ光を利用しているのか確認し、していない場合はそれも合わせて申し込む必要があります。また、フレッツ光の会員かどうかで、異なる申し込みフォームから申し込むことになります。

必要機器が届く

応募フォームや電話から申し込みを完了させたら、ひかり電話の利用に必要な機器を準備しましょう。まずは電話機が必要なので、もし家に電話機がないなら買っておきましょう。またひかり電話対応機器というものも必要になりますが、これはNTT社から無償で提供されるので心配ありません。

開通工事をする

元々家に電話機が無かった場合は、電話の開通工事が必要です。またひかり電話対応機器は、自分で設置することもできますが、NTT社に設置工事を行ってもらうこともできます。これらの工事は簡単なもので、一日以内に終わります。これらの工事が終われば、ひかり電話を使用することができるようになります。

ひかり電話に申し込む上で気をつけるべきポイント

ひかり電話の料金形態は、電話の利用頻度ごとに4つの異なるコースがあります。自分の利用頻度に合わないコースを選んでしまうと、余分に電話料金がかかり、損になるので、自分が普段どれだけ固定電話を利用するのか考えてから申し込みましょう。

ひかり電話の利用手順を知っておこう|スムーズに利用するためのコツ

固定電話

レンタル無線機の利用期間とレンタル価格について

スタジアムでライブイベントを行ったり、団体で旅行に行ったりする時など、広大な場所で密に連絡を取り合いながら物事を行う時には、無線機が便利です。しかしもし無線機をいつも利用する訳ではなく、イベントの時にしか要らないのであれば、無線機を買うよりもレンタルした方が得です。レンタル無線機は、無線機を一日から数日間の短い間のみ貸してもらえるサービスです。利用料金は一台あたり2000円程度で、この料金は借りる期間にあまり左右されません。

固定電話

レンタルの無線機を使用する際の注意点

レンタル無線機を壊してしまった場合、その修理費や弁償費は、保険に入っていなければ全額支払わなければならなくなります。それに対して、完全保険という保険に入るともし機材を壊してしまっても修理費を払わなくてよくなります。ただし、保険に入ったとしても機材を紛失してしまった場合には、保険が適用されず、弁償しなければなりません。また、完全保険はかなり値段が高いので、保険に入るか否かはしっかりと考えた方が良いです。

格安Wi-Fiレンタルサービスならコチラ☆